電子マネーの特徴比較

電子マネーはさまざまな種類があり、その違いをしっかりと把握している人は多くないでしょう。その電子マネーについて中身をじっくり見ていきたいと思います。

まずEdyです。電子マネーの先駆け的存在で日本全国多くのお店で利用可能となっています。Edyは各コンビニやタクシーなどでも使うことができます。またポイントも楽天やANAなどさまざまなクレジットカードと連動して貯めることができるので大変お得です。

次はSuicaです。これはJR東日本が発行する電子マネーで定期などが購入できます。また私鉄でも使えますし、関西や中部などほかのJR線内でも利用が拡大しています。首都圏の私鉄、地下鉄バスではパスモという電子マネーもあります。券面が可愛く、東急沿線にお住まいなら百貨店でも使えて便利です。

nanacoも有名な電子マネーでセブンアンドアイグループが運営します。コンビニではセブンイレブンスーパーではイトーヨーカドーが対象となっているので利便性に優れた電子マネーです。そしてWAONはイオングループです。こちらはイオンでつかえますので近くのスーパーに合わせて電子 マネーを選んでください。200円で1円相当のポイントがたまります。

最後はiDとクイックペイです。これらは携帯にインストールすると使える電子マネーです。ドコモとauがそれぞれ運営していますので、それぞれの携帯キャリアに合わせてインストールしてください。

このように電子マネーは大変多くの種類があります。まずは自分の身近にどういったスーパーがあり、よくいくコンビニはどこかで選ぶといいかもしれません。さらに携帯電話の種類や乗り物の交通機関によっても分かれてくると思います。それぞれ使える店が分かれているので複数持つのもいいかもしれません。用途に合わせて電子マネーを自分好みにカスタマイズする時代になっています。乗り遅れずに導入して、お得にポイントを貯めましょう。日々の細々とした買い物でもたまるとすごいポイントになります。