電子マネーのクレジットカード比較

便利な電子マネーの本当に使えるものとそうでないものを比較したいと思います。まず電子マネーは単体でポイントやマイルを貯めるより、クレジットカード共用したほうがお得に貯めることができます。

クレジットカードに電子マネーをひもづける形で口座からの引き落としも一元化できますし、ポイントも一緒に貯まります。還元率も上がり、家計の管理も楽になるのでそうした形で電子マネーはつくりましょう。では実際にどういうクレジットカードに電子マネーがつけられるのでしょうか?

電子マネーを付けることのできるクレジットカードとして、まず、Yahoo!JAPANカードをおすすめします。こちらはその名のとおりYahooショッピングで使えてTポイントが貯まります。TポイントはファミリーレストランやTSUTAYAでも貯めることができるので大変便利です。また使うときも1ポイント1円で支払いから引くことができます。

次は楽天カードです。楽天エディを付けることができて楽天ポイントがどんどんたまります。楽天で使えるので、ポイントも使いやすいです。

イオンカードのWAON一体型もおすすめです。WAONの発行手数料も無料で、イオンでのお買い物が多い方には大変便利な1枚です。

鉄道系ではビュー・スイカカードを使って、定期の支払いでもポイントを貯めましょう。通学や通勤の定期代は価格が大きいのでポイントが貯まりやすいです。その定期券、または改札でのオートチャージでポイントが3倍つくのは大変魅力的です。

さらに、三井住友カードはiDを搭載できます。NTTドコモのお財布ケータイ機能iDが搭載できるので、携帯が電子マネーになります。財布を持たなくてもいい時代になりました。

ディズニーの公式スポンサーで有名なJCBカードはクイックペイが使えます。

このように電子マネーはクレジットカードと併用して持つことでさらに便利に効率よく使えます。まだ持っていない人はぜひクレジットカードを作って、電子マネーを使ってみてください。小銭のいらない生活になります。