電子マネーの時代

電子マネーは大変便利なものです。少額の決済の場合、小銭を出すことなく済ますことができるので買い物時間の短縮になります。さらにその電子マネーで支払った代金にたいしてポイントが付くのです。現金で支払うよりお得な感じがしませんか?では、どうして思ったほど電子マネーの需要は伸びていないのでしょうか?

関西ではICOCAとよばれるJR西日本の発行する電子マネーがあります。これはもちろん切符の代わりに使えますし、キヨスクなどでの買い物にも対応しています。大阪市営地下鉄などの私鉄や関東のJRとの互換性もありますので、大変便利です。しかし関西ではICOCAでの乗車率が低いため、関東では当たり前のIC割引がありません。切符の値段とICカードで乗車する値段が一緒なのです。では、関西のICOCAをはじめとするICカードはなぜ普及しないのでしょうか?

その理由は金券ショップにあると思います。ICカードはお得といっても現金での値引きは数円程度です。しかし金券ショップで回数券などをバラで買っても数十円の差額がでます。関西人はよくケチと言われますが、JRで中距離以上の移動、例えば大阪から神戸や京都に行く場合これらの回数券を金券ショップで事前に安く買っておくのが常識なのです。

また大阪駅などでは金券ショップがたくさん存在していますし、金券ショップの自動販売機が駅の近くにある場合もあります。また金券ショップが多数存在する地域の価格競争は激しく、よりお得に回数券が購入できます。

こうした理由からICカードではなく切符で乗車する人がおおいのではないでしょうか?小銭を出す手間より手間をかけることで小銭をかせいでいるのです。

電子マネーは確かに便利でお得なものですが、その利便性が人々のライフスタイルを変えるところまではいっていません。もっと特色を打ち出していかないと、広がらないと思います。また最近は種類が増えすぎて、関心のない人にはわかりずらくなっているのではないでしょうか?

電子マネーよりもキャッシュを手に入れましょう!専業主婦でお金がなくても借りれる場合がありますので要チェックですね!専業主婦 カードローン